点検の大切さ

ガス式給湯器使用の注意点

洗顔や入浴やシャワー、食器洗いなどで欠かせないのがお湯です。給湯器が故障してしまうとお湯が使えなくなるのでいっきに生活が不便になります。給湯器は毎日使用するものなので、故障しがちな箇所です。ガス式の給湯器の寿命は7年〜10年と言われています。買ってから10年以上経過したガス式給湯器が点火しにくくなったり、お湯が出にくくなったりした場合は、買い替えのタイミングと見ていいようです。ガス式の給湯器の場合、故障してしまうとガス漏れに繋がる危険性があります。万が一ガス臭くなったら使用を中止して窓ガラスを開け、換気扇を回して換気をします。そしてすぐに業者に連絡をして来てもらうようにします。その間は火を使うのは厳禁です。

お湯がでなくなったら

給湯器のトラブルに関しては、基本的なことをチェックするだけで直ることがあります。お湯が出なくなったからといってすぐに故障したと思って業者を呼ばずに、まずは最低限のことをチェックして自分で直してみる事をおすすめします。冬になると設定温度を高温にして蛇口を全開にするとお湯が出づらくなることがあります。その場合は蛇口を開けすぎず、少しだけ開けてお湯を出すと設定の温度になります。また、お湯が出ない原因が大元であるガス栓や給水元栓が閉まっているだけのこともあります。その場合はガス栓と給水元栓を開けるようにします。それでもお湯が出ない場合は一度電源プラグを抜いてしばらく置いてから再度電源プラグを差し込むと出るようになることもあります。

Copyright© 2015 給湯器を工事するとき│ドレンに注目しておこうAll Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com